海外好き崖っぷちミドサーMinisakiの実録ライフ

海外好きの色々な意味で崖っぷちミドサー独身Misakiのブログです。ライフハック、英語学習、リゾートバイト生活をテーマに配信中です。

現役ホテルマンの使っている 接客テク&英語 初中上級

こんにちは。みさきです。お久しぶりの更新となりました。

 

f:id:trability:20190211231338j:plain

 

 

現在ホテルで外国人との接客をよくしている私です。

 

ホテルで同僚が使っている接客英語のテクニックや

 

英会話講師の経験から同僚に質問されることまで、

このブログで時々シェアをしていきます。

 

中学の義務教育を受けている人 英語アレルギーの方にもすぐできる初級編 から

 

自分の思いを翻訳ソフトを使わず英作文したい 上級者まで、

 

初級編は「当たり前じゃないか!」とツッコミが入りそうですが、

 

当たり前のことを行動にすることって習慣が必要なのですよね。

 

f:id:trability:20190211231500j:plain

 

 

記事は易しい順番になっています。

 

「次はどんなのかな?」とワクワクしながら読み進めてもらえたら嬉しいです!

 

 

 

 

1.初級編

こちらは、まず外国人と目があった時。

 

ホテルならカウンター、お店ならエントランスやレジにきた時に。

 

日本では「いらっしゃいませ」と声をかけるシーンで反射的にできるといいのが、

 

How are you?

 

と質問を投げかけることです。

 

えっ、中学で習って知っているし!今さらこれ?と思いますよね。

 

ところが、私も盲点になっていて、アメリカに住んでいた同僚が

自然にしているのを見て、ハッと気づいたのです。

 

How are you?って聞かれて

I'm good, and you?などど答えていても、

自分から投げかけることってあまりしてなかったな、と。

 

f:id:trability:20190211231557j:plain

 

早速今日挑戦してみました。チェックアウトをされる欧米系の方へ。

 

「お元気ですか?」と聞いている意味は全くないので、

 

「難しい言葉が返ってきたらどうしよう!」と構えることは心配無用です。

 

ぜひ、こちらから質問を。絶対通じる、かつ笑顔でキャッチボールが

できることが分かっているこのフレーズで、まずは緊張をほぐしてくださいね。

 

 

 

2.中級編 だいたい 以上 以下

 

接客業、特にホテルやお店の方だと、道を聞かれたり、

 

タクシーで行ったらどのくらい?など

時間やお金の説明をする必要があることがあります。

 

その時に

 

これはだいたいです。〜以上は、〜以下です、状況によって変わります。

 

などと言えたら便利ですよね。

 

f:id:trability:20190211231658j:plain

 

文脈別に、挙げていきます。

 

 

だいたい2000円

approximately 2000 yen

 

 

 

だいたいの値段は2000円です。

The rough price is 2000 yen.

 

 

20分以上

20 minutes  or more

 

 

 

3才までの子供

Children 3 years old or younger

 

 

〜より少ない はless than, more than などもありますが、

〜の部分が含まれているには orを使って両方を含めることができます。

 

ぜひ、だいたいを伝えたい時、使ってみてくださいね。

 

 

f:id:trability:20190211231743j:plain

 

3.上級編 「〜という(名詞)」

 

その場だけの接客では、単語やイディオムでなんとかなることもありますが、

 

言いたいことを電話やメールで伝えるには、

 

文章として組み立てることが必要です。

 

ここで、初心者の方は してしまいがちなこととして

 

 

*日本語の語順で英語化しようとしてしまう

*最初から英語で文章なんて無理!と諦めて翻訳ソフトに頼る

 

 

この2つをしてしまいがちですが、これを卒業して

自分で英語の文章として組み立てるには?

 

 

「骨格は先に書いてしまう」がポイントです。

 

今日は「〜という(名詞)」を例に英語化のテクニックをお伝えします!

 

f:id:trability:20190211231850j:plain

 

「先ほどお伝えした金額はだいたいの金額です。」

 

という内容を英語化することを同僚に相談されました。

 

Before I told the price is,... 

 

と彼は文章にしようとしていましたが、これは実は日本語の語順。

 

The price I told you before is...

 

が英語としての正しい語順です。

 

「言いたいことは先」というのは

「価格がどうだった」が本当に伝えたい骨格なのです。

 

日本語は骨格は後にして、説明が先に来ることが多いです。

 

 

先ほどお渡ししたカード

The card I gave it to you before

 

 

特別アシスタントが必要なお客様 (空港で流れています)

Customers who need special assistance

 

 

子供向けのスリッパ

Slippers for children

 

全部、「言いたい骨格」この場合名詞は後になっていますね。

 

ついつい日本語の語順で考えがちですが、英語の時は英語の語順で。

正しさが増せば、より伝え方にも磨きがかかり、伝わりやすさも倍増です!

 

 

英語を使う現場で働いていながら、発信することって貴重な存在だと気づき

 

今後も気づきがあった時にはブログを更新します。

 

楽しみにしておいてくださいね。

 

 

Misaki

 

 

初心者ビジネス英語はこちらの記事も人気です。

trability.hatenablog.com

© Copyright 2017 ©Minisaki All right reserved.

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ