海外好き崖っぷちミドサーMinisakiの実録ライフ

海外好きの色々な意味で崖っぷちミドサー独身Misakiのブログです。ライフハック、英語学習、リゾートバイト生活をテーマに配信中です。

ノーシャンプーとお風呂の入り方で目指せエコ&グローバルなミニマリスト

こんにちは、Minisakiです。

f:id:trability:20190804155706j:plain

 

私は都会生活を手放して、リゾートバイト生活をしています。

 

色々都会の日常では、無意識に必要と思いこんで買ったものもあるなと気づき、

 

これっていらなくない?

 

のセンサーが活発化します。

 

そして、断捨離できた時にはとてもスッキリします!

 

お風呂の入り方がリゾバ前からの変化で大きなところです。

今日はどう変わったかをシェアします。

 

 

 

1.お湯で90%の汚れが落ちる 日本人は髪を洗いすぎ?

f:id:trability:20190804160247j:plain

 

オーストラリアでホームステイをしていた時や

ヨーロッパの友達の家を訪ねた時にそうだったのですが、

 

海外の人は毎日シャンプーせず、ただお湯で流すだけという日もありました。

そして、念入りに髪をブラッシングして丁寧に手入れをしていた印象があります。

 

お湯で汚れの90%は落ちる

 

というデータがあります。聞いたことありませんか?

美容師さんに聞いたという、この記事にもそう書かれています。

www.rakuten.ne.jp

 

確かに日本ではオーストラリアやヨーロッパのようにカラッとした気候でなく、汗ばむことも多いです。

清潔好きなので洗いたい!となるかもしれません。

 

ただ、美容室でカラーをした日は家でのシャンプーを避けるように言われますね。

これって洗うことで髪にダメージがあるからですよね。

 

ダメージを少なくするには洗わないこと。

けど、清潔にするために手入れをすること。

このバランスが大切を考えてお手入れできると理想です。

 

皮脂のバランスは人それぞれ違うので、

みんながみんな毎日市販のシャンプーとコンデイショナーが必要か?

と言われると疑問を感じます。

 

実際、海外ではそうしていなくても、臭う人とかいませんでしたしね笑

 

それよりも、

 

ブラッシングなど自分の状態を見ながら丁寧にケアをする方が、高価なシャンプーを使って毎日洗うよりも大切だよね。


と海外の人の姿を見て感じました。

 

ちょっと立ち止まって。

毎日思考停止してシャンプーするのでなく、一度自分の状況を見直してみるといいかもしれません。

 

2.お湯のエコと掃除の点からも考える

f:id:trability:20190804160455j:plain

 

海外で生活をしたり、海外ゲストが泊まるホテルで働いていると

 

日本式にお湯を張るところと洗い場を分けるスタイル

複数人でお湯をシェアするスタイル

 

これが全てではない、と気づきます。

 

私は最近、海外式のお風呂スタイルになりつつあります。

 

というのもリゾバに来て、ユニットバスで生活して1ヶ月になります。

 

これは一人で一つのお風呂を使うからできることではありますが、

湯船の中で海外の人のように体を洗うことにも慣れてきました。

 

立ち仕事なのでお湯で疲れは取りたいけど体を洗う必要もある

トイレがあるスペースで体を洗って水浸しになるのは掃除が大変

 

なので、お湯を溜めて体を洗わずに直接浸かり、まず湯船の中で足のマッサージをします。

 

そのあと、髪や体を洗いながらお湯を流して、最後にシャワーを浴びます。

 

かかり湯をせずお湯に浸かるなんて!お母さんに怒られちゃう!

 

と、日本人スタイルに慣れていると抵抗あるかもしれませんが、汚れたお湯に浸かると言ってもほんの短時間です。

 

どうしても気になる場合は、足だけお湯を貯める前に洗う

ウォシュレットでお尻を洗っておく、などすると気になりません。

 

f:id:trability:20190804161138j:plain

そして、そんな入浴スタイルになって感じたことは

 

  • お湯を上手に利用して、かつ時短になった
  • お風呂から出るときに湯船の掃除もできて一石2鳥

 

この2つのメリットも感じています。

洗い場とバスタブ。掃除ってする面積が大きいと大変ですよね。

 

 

もうすぐリゾバ前に使っていたシャンプーもなくなるので、ノーシャンプーでさらに時短になります。

 

どうしても綺麗なお湯に浸かりたくなったら、リゾバの大浴場へGo!です笑

 

スポンサードリンク

 

 

3.そもそも現代の技術で2段階も洗髪に必要?

f:id:trability:20190804161159j:plain


 

客観的に、世の中をひろーく見て考えると

 

今の最新技術でもまだ、シャンプーしてリトリートメントと2段階がまだ必要なんでしょうか?

 

昔は技術が発達していなくて、洗うとギシギシになるからリンスやトリートメントで滑らかにする必要があったと思います。

 

ただ、今のこの技術が発達してる時代に、1つでいい商品があるとはいえまだメジャーではないのは、

 

2段階で商品を売ることでお金を儲ける人がいる

 

と私は感じます笑

(※私はもちろんシャンプーの開発をしている人でも美容師でもなんでもないです。素人の単なる思いつきです)

 

シャンプーしたらトリートメント成分が含まれている商品を使ったことはありますが、

普段慣れていないと、トリートメントなしでは髪が引っかかる気がする

ってあるあるだと思います。

 

 だからって、ノーシャンプーで湯シャンだけの生活をするのは、接客業ということもあり勇気がいります

 

そこで、私はネットで偶然見かけた 新たな形のノーシャンプーという商品のサンプルを取り寄せてみました。

 

 

4.ノーシャンプー生活の第一歩 私がシャンプーの代わりに買ったのは...

f:id:trability:20190804161919j:plain

ロレアルパリの、髪用のクレンジングクリームを買いました。

正確には、サンプルを2種類取り寄せて試して、好きだった香りの方を先日ボトルで購入しました。

 

 

サンプルは、しっとりタイプとボタニカルタイプの2つを

メルカリで購入。商品名とサンプルで検索すると300〜500円くらいで売られているものが見つかります。

 

f:id:trability:20190725060640j:plain

 

使った感想は...

 

  • クレンジングクリームなのに、頭皮にはスーッとした心地いい引き締め感がある
  • クリームなので、泡だてて洗うとは違う感触でマッサージのように洗える

  • 洗うとトリートメントをした後のようにサラサラ

 

シャンプーとコンディショナーを同時にした感覚で使うことができました。

 

ちゃんと落ちてるのかな?という感じもなく、スッキリでした。

 

香りが好みがあると思います。

 

この他にもサラサラタイプ

 

 

ボタニカル

 

 

もあります。使用感と香りで選べるのもいいところですね。

 

本商品がもうそろそろ届くので、私が身を持って体験します!

ノーシャンプーで髪に変化があればまた記事にしていきます。

 

自分にあったバスアイテムを使って、ストレスレスなバスタイムを目指します。

お読みいただきありがとうございました。

 

© Copyright 2017 ©Minisaki All right reserved.

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ