海外好き崖っぷちミドサーMinisakiの実録ライフ

海外好きの色々な意味で崖っぷちミドサー独身Misakiのブログです。ライフハック、英語学習、リゾートバイト生活をテーマに配信中です。

ブログ・SNS発信で個人がしてしまう間違った努力

こんにちは、Minisakiです。

f:id:trability:20190825073023j:plain

昨日は金沢にセミナー受講と、観光もかねて日帰りで行ってきました。

 

Rethink Creator Projectというデザインや情報編集を素人でも学べる講座でした。

rethink-creator.jp

 

ブロガー・SNSなどの発信者として、なるほど!と思えることがたくさんありました!

 

  • 毎日ブログを更新しているのにPVが伸びない
  • SNSなどでいいねがつかず凹む時がある
  • 発信のセンスがないと思う

こんな方はこの記事を読んだり、実際にセミナーに参加すると気づきがあるかもしれません。

 

学んだことは

  • 個人の発信と大企業の発信で求められること
  • 視点の変え方のポイント

です。

 

セミナーのネタバレをするようですが、実際に行って体得できることは違うと思います。

私が特にこれから取り入れよう!と感じたことを書いていきます。

 

 

 

1.鉄板な写真やキーワードで大量発信して疲れる

f:id:trability:20190825072452j:plain

例えば、金沢に行ってきたことを投稿する時、この写真を見ると一発で「兼六園」というのが想像できますし、そんな発信をしている人は多いと思います。

 

実際にセミナーに行く前に私が撮った写真ですが、見事に「鉄板!」でした。

 

最近、この記事のようにiphoneでも綺麗に写真を撮るのを心がけているのですが、

www.minisaki.com

 

こんな鉄板なセッティングで、行った人は1枚は撮るような写真ってありふれています。

 

もっと言うと、旅行会社のパンフレットに載っているプロが撮った写真などには確実に負けてしまいます。

 

  • ライバルがいすぎて、あなたの投稿や記事が埋もれてしまう
  • 個人で勝つのが困難な土俵の上で、もがいてばかりいる

 

私も含めそんな人って初心者ブロガーにはあるあるだなぁと感じました。

 

オーストラリアにワーホリに行った後、ヨーロッパに住む友達を訪ねて旅行したことがありますが、そこで案内されて嬉しかったのは

 

パンフレットに載っていてありふれた観光地

 

ではなく

 

地元の人しか知らない観光地

 

です。日本人が周りにいなくて、ジロジロ見られるくらいのところが快感です笑

 

個人が発信して、周りに価値を感じてもらえることは

 

えっ、そんな魅力があったんだ意外!

 

と周りに思ってもらうこと。

 

これからこんなことを実践します!

 

発信する時は写真はそんな視点で撮る。

一般的な写真を撮っても、ハッシュタグは視点を変えてつける。

 

すでにありふれている土俵でアクセスを集めなくてもいいんです。

 

 

2.真面目な頭かたい投稿になってしまう

f:id:trability:20190825073907j:plain

 

例えば兼六園のこの場所に来たとして。

 

プロのツアーガイドだった場合は

 

  • この松の木は樹齢何年で
  • 全長は何メートル何センチ
  • 歴史上のこんな人物が関わっている

 

など「数字」「正確な情報」のデータを使って説明すると思います。

 

ただこれを素人で個人の私たちが発信しても

 

堅苦しくて面白くない真面目な投稿になってしまいます。

 

思わず人を引き付けるのは、不真面目なことが書かれてたり、一度見たら忘れられないほど笑った!となるものじゃないでしょうか。

 

例えば、、この松なら

 

縦に伸びるの疲れたし横に伸びましてん

 

とか、こんな感じです笑

 

表面的なキーワードばかりでも、ありふれていて投稿してもスルーされてしまいます。

 

大量投稿して、同じやり方で伸びないなと感じたら、

 

自分が読者だったら思わず手を止めるのはどんな投稿かな?

 

と意識して、時間をとって頭柔らかくしてから発信しようと思いました。

 

ブログなどで大事な読者目線に一歩近づいたかな。。

 

 

3.一人で悶々としてしまう

f:id:trability:20190825075739j:plain

 

今回のセミナーは後半ワークショップで、金沢の写真に文字でキャッチコピーをつけていくワークをグループに別れてしました。

 

私のグループでは、冬の雪景色の金沢の写真でした。

 

8人のグループで、色々なキャッチコピーが出て感じたのは

 

人によってこんなに捉え方・表現に差があるんだ!

 

ということでした。そして、自分の表現はこんなことに特徴があると自分を知るきっかけにもなりました。

 

自分を知るって、発信ではすごく重要だなと感じています。

似合わないことを言ってもいいねとかつかないし、その人らしくないですもんね。

 

f:id:trability:20190825075947j:plain

 

チームでの発表に、私の作ったキャッチコピーが皆さんに気に入ってもらえて、前に出て発表してきました。

 

私が考えた

 

雪がうれしくて小鳥の足もしもやけ

 

というキャッチコピーを、プロのクリエイターさんが、

文字のフォント、行間、改行、文字の大きさ、向き

など調整してデザイン力を駆使して素敵に仕上げてくださいました。

 

私が無意識に使っている表現は

 

  • 動物などの擬人化
  • 擬音語
  • 無邪気な子供心

 

が多いな、と他の参加者さんのキーワードを聞くことで知ることができました。

これって、私しか気づきにくいことなので、私らしさを生かすパターンになります。

 

これは、一人で部屋に閉じこもって誰とも話さずいたら分からなかったことです。

 

SNSやネットの情報に触れるのもいいけど、人と意見交換や話してアウトプットするのは大事だなと感じました。

 

目指してる方向が一緒の人だとなおさらいいですね!

 

まとめ

f:id:trability:20190825081010j:plain



ブログやSNSで個人がしてしまう間違った努力のパターン

 

  • 鉄板な写真やキーワードで大量発信して疲れる
  • 真面目な頭かたい投稿になってしまう
  • 一人で悶々としてしまう

 

私もまだまだ頭硬いですが、頭柔らかくして。

私にしか発信できない視点を生かして。

時には人と話しながら。

 

これからも発信力を磨いていきます。

 

Rethinkのセミナーは全国で、特に地方のクリエイター発掘に力を入れられているようです。あなたの都市の近くにあれば、参加オススメですよ^^

 

全国各地での実地セミナー・イベント情報|Rethink Creator Project

 

 

© Copyright 2017 ©Minisaki All right reserved.

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ