海外好き崖っぷちミドサーMinisakiの実録ライフ

海外好きの色々な意味で崖っぷちミドサー独身Misakiのブログです。ライフハック、英語学習、リゾートバイト生活をテーマに配信中です。

お盆の混雑で迷惑な客にならないためには?サービス業の私が斬る!

こんにちは、Minisakiです。

f:id:trability:20190815134345j:plain

 

お盆でどこへ出かけても混雑、楽しい反面ストレスにもなりうる時期ですね。

 

私はリゾートバイトをしていますが、働くホテルでは毎日色んなお客様が。

 

えっ!今それをするか!^_^;

 

というような言動の方も正直多いです。

 

自分の前の人は鏡。自分が何かサービスを受けるときに反面教師にする意味で、

今日はピリリと辛口でお届けしていきます。

 

サービス業の私が考える、混雑していても迷惑な客にならないためには...?

 

  • 全て人任せでなく自分ごとと思って行動しよう
  • ないものはない、と思考を切り替えよう
  • お金の支払いは前もって考えてスマートに

 

です。

 

そして記事の終わりには、こうしたら混雑そのものと、ストレスは減る!と思うことを書きます。

 

順番にご紹介します。

 

 

 

人任せでなく自分ごとと思って行動しよう

f:id:trability:20190815134408j:plain

 

自分ごととして旅行してるの?と思う方は、本当に本当に多いです!

 

例えば、

 

  • 自分が予約したプランを把握していない

 

夕食や朝食がついていると思い込んだけど素泊まりでの予約の方がいました。

追加は無理だけど、説明しても食い下がって来ました。

 

混雑時期でなければ対応できる事もありますが、この時期は無理な事の方が多いです。

 

サービス業のスタッフはこう思っています。

 

そんなのも見ずに予約してるの?

 

私たちはスーパーマンじゃないのでレストランの座席を増やしたり、瞬間的に食材を調達したりとかできないし!

 

適当に決めて、行ったらなんとかしてくれる!といつも思わないで欲しい;

 

 

  • 混雑している中、個人的な質問を次々する

 チェックインで行列し、ウェイティングも満席なのに、

 

「オススメの飲食店は?」

「(観光スポット名)は何時くらいが空いていますか?」

 

など、ホテルに関係ない質問を次々してくる人が多いです。

 

ひどい人は、他の方の接客中に横から割り込んで同時に対応するよう求められます。

 

サービス業のスタッフはこう思っています。

 

えっ、ここの観光地に興味があって旅行に来たんだよね?

 

漠然とオススメと言われても困るし、こちらもネットで検索して答えるんだからそれくらいネットで検索してよ。

 

細かく計画せずにのんびり旅を楽しみたいの分かりますが、

 

普段チェックイン待ちの人が座る椅子がで満席。少し離れた休憩所で待っている人もいる中、これを聞くのはどうなんでしょう?

 

ホテルは旅行代理店じゃない。全て決めてもらいたいんだったら、予定が全部組まれている添乗員同行ツアーに参加すればいいのに。

 

旅を人任せにせず、自分ごととして楽しむ人が増えたら、お盆の旅行もストレスフリーになるのに。

 

 

ないものはない、と思考を切り替えよう

f:id:trability:20190815134429j:plain

 

旅行に来ると、想定外のことが起きます。そういうことがあるから旅行は楽しいですよね。

 

ただ、想定外のことを受け入れられず、自分の常識だけで突き通そうとする人は多いです。

 

混雑しているとよくあるのが、「在庫がない」「満席」などです。

 

  • 希望の夕食時間が満席のとき

 

子供がいるのでもっと早い時間は無理ですか?」

 

満席とか、ないことを説明してもまだ食い下がる人って何を期待してるの?ドラえもんを呼んでくること?笑

 

「子供がいる」を武器にわがままを言う人はこの時期は正直多いよね。わがままは突き通せばなんとかなると思う子供に育っちゃうかも?

 

  • ないなんて信じられない!に付き合わされる時間が長い

 

マッサージのサービスが館内にないことを説明した後

えっ、、本当にないんですか!

 

You are crazy! というような視線でこちらをガン見して繰り返すけど、crazyなのはあんただよ笑 

 

旅行先では自分の常識は非常識、になることもあるのにね。

 

  • やっていないサービスをひたすら求める

 

どうしても郵便物をホテルで預かって出して欲しいとリクエストする人がいました。

 

ホテルでは郵便局の人は出入りしてないし、徒歩5分でポストがありご自身でお願いしている、と説明してもなんで分かってくれないの?

 

もし預かったらスタッフが休憩時間に身を削ってだしにいくことになる、っていうのがやりとりから分からないのかな。

 

 

それでは次は、できればスマートに済ませたいお金の支払いのシーンについてです。

 

スポンサードリンク

 

お金の支払いは前もって考えてスマートに

f:id:trability:20190815134446j:plain

チェックアウトの時に行列ができてしまうのは、お金の支払いで時間が取られる場合が多くあります。

 

  • クレジットカードの限度額くらい知っておこう

 

最近カードが限度額オーバーになったお客様が発した驚きの一言は...?

 

明日振り込むのはダメですか?

 

いやいや、チェックイン前に全額支払いしているホテルもあるし、それはおかしいでしょ笑

 

お客様は、後がつかえている中、カウンターに立ったままクレジット会社に電話をし、限度額を確認。その額カードで払い、残りを現金で払って帰りました。

 

その間息子さんと奥さんは無関心で、ロビーでおもちゃで遊んで待っていました。

 

旅行の貴重な時間が減っても、気にならないのかな;

 

 

  • 誰がいくら払うかをホテルに管理させないで

 

グループの予約では、部屋代を払う人、飲み物代などあとで出た出費を払う人をチェックインの時に確認します。

 

例えば201202に2世帯で泊まっている方がいたとします。

201は子供と若夫婦。202はご両親の夫妻です。

 

ご両親には一切支払わせたくないから202のご両親が飲んだ飲み物代も代わりに201で払う、という場合です。

 

えっ大人なのにそれくらい管理しないの?

 

そうなの。チェックインの時にこれを聞いていないと、202で自分で部屋付しておいて、チェックアウトの時に請求すると「それは困る」とか言ってくる。

 

あとで苦労するのはスタッフ側だから、前もって確認しておくんだね。

 

 

お金の支払いで、私がスマートだな、と思う支払い方は

 

チェックアウト時間が混雑する前に事前にカウンターに来てカード一括払い

 

です。

 

カードで払うとポイントもたまるし、カウンターで電卓叩く時間もいらないしね。

 

グループで現金で割り勘をカウンターの前でどうしてもしようとする人を見て、なんでだろ〜、と思うわ。

 

スポンサードリンク

 

こんな行動をするとお盆のストレスは減る

f:id:trability:20190815134509j:plain

  • 混雑を避け、自分の好きな時期に休みを取る

 

私が旅行をするなら、サービス料金も高く、人が多くゆっくりサービスの時間が取れないお盆や長期休暇の時期を選びません

 

ちょっと勇気を振り絞り、日頃からの職場のコミュニケーションで、休みが取れるコツを知っているからです。

 

こちらの記事では、仕事ができないタイプの私でも、ヨーロッパ3週間旅行やサービス業での土日に休み交渉ができた時のことを書きました。 

 

www.minisaki.com

 

 

  • 旅行の目的を頭に入れ、全て自分ごとで行動しよう

 

せっかく高いお金と貴重な時間を使って旅行するのです。

 

「時間」に対して真剣に考えて、一瞬一瞬を旅行として楽しむと、長いことスタッフや他のお客様の時間を取って、混雑を悪化させてしまうことはありません。

 

「どうしたいか分からないからアドバイスを求める」という気持ちのは分かります。

ただ、「なんで今回旅行に行こうと思ったか」と初心に戻ってみましょう。

 

旅行に来たのは、いつもの日常と全く同じ環境を求めるからですか?

 

混雑している中、お金についてもめたり、カード会社に限度額を確認するためですか?

 

絶対違いますよね。。

 

旅を回数重ねてくると、積み重ねで「どうしたらいいか分からない」が減っていくと、20都市以上を旅行した私Minisakiは思います。

 

当ブログ人気記事のこの記事を読むと、海外旅行に行きたくなります。

www.minisaki.com

 

  • サービス業はしてあげすぎず客を甘やかさない

 

この記事を見ている人はサービス業の人もいるのではないでしょうか。

 

混雑していないなら対応できることも、全部してあげずうまく切り返すのも大切です。

 

「人ごとと思って旅行している人」の全てのわがままを聞いていたら、時間がすぐ立ってしまうし、消耗してしまいます。

 

「このお客さん、自分の旅行なのに人ごとだな」オーラーを感じたら、全てしてあげる姿勢から、ちょっと一歩引いて対応してみましょう。

 

大人なんだからそれくらいできるでしょ

も私の中でキーワードです笑

 

甘やかさずに接した結果、他のお客様のための時間も有意義に使えます。

 

例えば並んでいる時間が減ったら、荷物が重い高齢のお客様の手伝いをしたり。

すぐなくなるサービスドリンクの補充をしたり、ということです。

 

この記事が、お休みがもっとストレスなく楽しいものにするのに役立てばいいな、と思います。お読みいただきありがとうございました。

 

© Copyright 2017 ©Minisaki All right reserved.

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ