マレーシア海外就職した干物女Minisakiのブログ

日本で満足日本でクビになり世間知らずなままフリーランスになり失敗→海外へ逃亡!未経験でマレーシアのベンチャー企業の営業に奮闘する独身干物女のブログです。

  • 英語 口コミ返信
  • 英語コーチング
  • 一人暮らし女子の断捨離
  • 海外就職

海外ロックダウン生活の不安あるある&乗り越え方

f:id:trability:20200326185554j:plain

ただいまマレーシアではロックダウンで外出ほぼできず、私も引きこもり中です。

世界的にコロナウイルスの影響で、在宅ワークをしている人も多いですね。
でも、家にずーっと引きこもりだと無性に不安になったり、
日本にいる人とのやりとりでギャップを感じたりしてませんか?

海外生活の方は共感でき、コロナが落ち着いてから海外行こうと思っている方は海外引きこもりの擬似体験ができます。

あるあるな不安と、干物女の乗り越え方をシェアします。
気になるところから見てくださいね。 

不摂生問題

f:id:trability:20200326185909j:plain

駅まで歩く。会社に出社する。対面で人と話す。
いつもしていることをしていないと
これって不健全?って感覚に襲われると思います。
さらに引きこもりだと運動不足になりますよね。
ただ、発想を変えて、省エネと考えてみませんか?

 

干物女流の対策:省エネ・効率いいと前向きに発想転換する  

  • 食事:1日1.5〜2食 必要以上に食べないでも意外と平気
  • 運動:筋トレ・youtube・アプリなど家でできる運動は意外と楽しい
  • 洗濯物・化粧品など外出でかかる手間やコストが減る
  • 在宅ワークだと余計な気を使わずメンタル的にも省エネ

こちらの記事には在宅で仕事してる感覚を書いています。

リモートワークは快適!コロナで海外就職2ヶ月目にして在宅勤務になった感想 - マレーシア海外就職した干物女Minisakiのブログ

 

マレーシアは結構暑いので、洗濯干するだけでも汗が出る。部屋の外へ一歩脱出だけでも気分転換になりますよ!

 

 

日本とのギャップ問題

日本を離れても、日本の人とやりとりはついて回るし、
SNSでも日本のことが目についてしまいますよね。
こちらはちょっと大変な状況。私は自分の親の自己中発言に対して先日いらっとしました; 

 

オーストラリアワーホリの時はインスタなんてなくても心配してなかったのに。歳だから仕方ないかな?

 と諦める前に。こんな対策してみました。

 

干物女流の対策:日本にいると理解できないことを割り切り、自分の発信より上手なメディアを送る

 

何年も一緒に住んでないし、うちの親は60後半&70代の団塊世代。
もはやLINEだけで理解しあうのは無理と割り切りました。

 

別の生き物同士20%ずつでも歩み寄って「ふーん」と思ればいいな、くらいに考えてます。


自分のSNSよりも分かりやすくマレーシアのことを伝えている日本語ブログもあるので、親にはこれを紹介しました。すると、大人しくなりました笑

いつも情報量が凄い!と感心しているマレーシア在住14年kurakuraさんのブログです。

kura-kura.net

 

あと、ローカルの友達から送られてきた、コロナにかかった人の映像
これを見ると外出制限が辛いなんて言ってられないほど、コロナのシビアさを実感できますよ。
英語なのが親とかに伝わらない残念なところですが。
英語の勉強をしている方はぜひ、見てみてくださいね。

m.facebook.com 

 

仕事の心配

f:id:trability:20200326185938j:plain

欧米では?クビになったとか、なりそうとか厳しいtweetも多くて、
明日は我が身?と心配になりませんか?
こういう時は海外の文化を調べて理解することが大切だと感じています。

 

干物女流の対策:海外の文化や法律を調べてみる

 

マレーシアに限って話をすると、意外と従業員は法的に守られているんです。
本業の知識をちょっと生かして解説します。
 まず、今回のロックダウンの時期にマレーシアの人的資源省では
 年次有給休暇取得を強制してはいけない としています。

www.thestar.com.my 有給は別に取る権利があるから、今回のロックダウンで奪わないでねとのこと。
これを破ると罰金とまで書かれています。 
有給が前提なので、無休休暇は論外となります。
(ただ、これから政府から追加施作が出て変更になるかもしれません)

 

マレーシア人は会社を訴えることも日本と違い多いそうです。

日本の感覚で、ふんふん、と流さずに自分で情報を取りに行くのも大切だね。

 

ただ、注意したいのが解雇の場合の順番を自覚しておくことです。
会社が経営難のための対策をしてもかなわず、最後の手段で解雇することになった時は、
私たちのような外国人はマレーシア人より早く解雇されてしまいます。
さらに、勤続年数の浅い順番で解雇されやすくなります。

www.life.mnavi.com.my

外国人・勤務年数浅い人から解雇される、ってマレーシア2ヶ月目の私のことやん〜!3回目のクビにならないよう、干物女は仕事バリバリ頑張ります。  

 

 

お金の問題

f:id:trability:20200326190048j:plain

コロナの影響で、会社によって給料の支払いが遅れるなんてこともあるかも。
(オンラインバンキング未搭載なうちの会社のことです笑)

 

特に滞在期間がまだ短い方は、まだ外貨が少なく心配になりませんか?
そんな時は日本の貯金を海外の口座に持ってきましょう。

 

干物女流の対策:外貨が尽きるならTransferwiseで日本のお金を送金→翌日に到着!

 

そこで、 以前から気になっていたtransfer wiseを使って
日本の口座からマレーシアの口座へお金を移動してみました。

f:id:trability:20200326190557j:plain 

 

23日夜にアカウントを作り
1.マレーシアの送金先口座を入力します。
すると、日本のTransferwiseのこの口座に振り込んでね、と画面に現れます。 

引き落としじゃなく自分から振り込むので安心だね!

 2.日本の銀行のオンラインバンキングで振り込み
ここまで初日に終了し後は待つだけです。

 3. 24日午後には振り込み完了メールがきました。当日中着金予定とのこと。
ロックダウンなので遅れるかなと思いきや

24日夜中に見るとマレーシアの口座にお金が^^

f:id:trability:20200326190821j:plain

 

マレーシアの住所を入力して始めたものの、日本円を送金する際は
日本の住所で登録する必要があるようです。
今日本の実家に簡易書留で住所確認の書類が送られています。今受け取り待ち中。

 

以下のリンクから登録をすると£500以下の送金なら手数料が無料になります。
私は無料の範囲で6万5000円送金しました。
外貨がつきそうな方は、速くてオンラインで便利なのでオススメです。

transferwise.com

 

無力感問題...

f:id:trability:20200326190120j:plain

家ですることはある。在宅で仕事もできる。
とはいえ、、やっぱりオンラインだとできること限られるし
自分は社会の役に立たないクズなのか?
そんな感覚に襲われませんか?

 

このブログでは、
強みを活かせる仕事に就いて」「良い人間関係の職場」であれば幸福度が高まる
と研究結果から分かると書かれています。

medium.com

 

人とのつながりに関しては、意外とやってみると部屋から一歩も出ずに実現できました! 

 

干物女流の対策:外出せずとも対人面・仕事面を充実させる工夫をする

 

twitterでマレーシア在住の方と繋がって、こんな干物女のツイートにもコメントやいいねをくださる方もできてきました。

 

そして、オンラインでも今は会話できますよね。
twitterで知り合った方とラインで電話したり、
本当はマレーシアに春に遊びに来るはずだった日本の友達ともビデオ通話しました。

肝心の仕事面は??となると、正直まだまだこれからです。

本業は日々オンラインでできることがあることが本当にありがたいし、
個人ではブログという少数でも発信する場があるのはやっててよかったな、と思います。

いつどうなるかわからないこのご時世。

出勤しないでいいから家でだらけ放題も数日ならいいかもしれないけど、PlanBを考えるのは必須だな、と感じています。

 

 干物女の私でも行動してチャンスをつかめる、と信じて発信し続けています。

一緒に行動していきましょう^^

以下で何か行動に繋がる情報があれば嬉しいです。

 

 

  • マレーシア 海外就職に興味がある方はこちらの記事もどうぞ

www.minisaki.com


www.minisaki.com

 

www.minisaki.com

 

© Copyright 2017 ©Minisaki All right reserved.

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ