みにさき 海外✖️Web✖️英語

ノースキルからWebのことを学びつつ海外生活を楽しむみにさきのブログです。

ブログタイトルPC用
ブログタイトルSP用

【実録】マレーシアで自動車免許の書き換え 2022年 かかった期間と費用

マレーシアは車社会で、クアラルンプールのような都心でも公共交通期間を使わず車で移動する人も少なくありません。マレーシアに住んで3年目の私ですが、日本の免許書をマレーシアの免許書に書き換える手続きをしてきました。実際にかかった費用や日数もあわせて紹介します。

マレーシアで車を運転する方法2つ

マレーシアで外国人が車を運転するには

  1. 日本から国際免許書を発行
  2. 日本の免許書をマレーシアの免許書に書き替え

2つの方法があります。

私は去年はコロナで移動制限があり、免許書を発行するJPJまでの移動ができず、日本の家族に国際免許書を発行して送付してもらいました。それぞれどんなメリットとデメリットがあるかまとめました。

国際免許書のメリット
  • 日本で即日発行され、必要な書類が少ない
国際免許書のデメリット
  • 期間が一年しかない
  • 日本からの送付費用と時間がかかる。
  • 家族に依頼する場合、手間をかけさせてしまう。

委任状を書いて日本の家族に送り、免許センターに行ってもらいました。コロナ禍で免許書が届くまで約2ヶ月かかり、費用も合計11,000円ほどかかりました。コストパフォーマンスの悪さを感じたので、コロナの制限も解除された今年は現地での書き換えに挑戦しました。

ちなみに、去年国際免許書を発行したときの記録はこちらにあります。

マレーシアのコロナ禍で国際免許の更新に2ヶ月! 海外在住での苦労 - みにさき 海外✖️Web✖️英語

免許書き換えのメリット
  • 期間を国際免許より長くできることがある。
  • 郵送にかかる費用や時間が発生しない。
  • マレーシアで手続きが完了する。

かかる費用は、大使館での翻訳費用RM80と、免許書書き換え費用RM140(私の場合2年分)、JPJまでの交通費です。書類に合計6000円ほどかかることになります。

免許書き換えのデメリット
  • 場所によってはJPJまでの移動時間がかかる。
  • 必要な書類が多く、即日発行ではない。

日本とのやりとりは発生しないものの、マレーシアのお役所仕事は想像以上にのんびりしています。申請結果は申請した日の30日後にオンラインで確認し、出た結果をプリントして再度行く必要があります。即日発行ではありませんし、30日よりも長くかかり、半年以上待ったという話も聞きます。

今ブログを書いているのは申請した3月29日ですが、いつ承認されるかも記録に残していきます。

それでは、実際に免許切り替えのステップを紹介します。

大使館で翻訳証明を入手

ます日本の大使館で翻訳証明を出してもらう必要があります。2022年3月現在現在は予約制になっており、アポをメールでとってから行くことになります。

参考 

領事窓口に来館される方へ(予約制についてのご案内) | 在マレーシア日本国大使館

必要書類

手数料 RM80 (現金で)

即日発行されず、後日できた証明を再度取りに行く必要があります。1回目の訪問の際にその場で受け取る日付を聞かれてアポを取得できます。

日本の免許証やパスポートの残りの期間が短いと切り替えができないそうなので、不安な場合はアポを取るメールで大使館に質問してから行くといいでしょう。

スポンサードリンク

 

JPJでの必要書類

JPJで記入できる書類もありますが、私はあらかじめプリントして記入してから行きました。

  • パスポート(原本とコピー)
  • VISA査証とコピー(パスポート内のページをコピー)
  • 日本の運転免許書(原本とコピー)
  • 大使館発行の免許書翻訳証明
  • 会社発行のoffer letterまたはconfirmation letter(Employment Passの場合)
  • 現住所を証明できるもの(賃貸契約書を持っていきましたが必要ありませんでした)

MM2Hなど他のビザを持つ方、駐在員の家族、マレーシア人の配偶者などの場合はこちらの大使館のページから必要書類を確認できます。

https://www.my.emb-japan.go.jp/files/100131627.pdf

この必要書類の中に、写真と書かれていませんので、実際にJPJに着いて必要なことを知り焦りました。後で1回目の提出時の訪問の段階では必要ないことが分かりました。

マレーシアでは公的機関の書類はマレー語になっているので、google翻訳のカメラ機能を使うとスムーズです。

マレーシアの滞在期間、免許の年数などどう書いていいか分からない場所は空白にして聞こうと思いましが、勝手に記載してくれたのか特に聞かれることはありませんでした。

書類チェック後、なぜ運転する必要があるか?と理由を書くよう言われました。簡単でいいので準備しておきましょう。

JPJの場所

翻訳証明ができたら、必要書類を準備してJPJへ向かいます。クアラルンプールで免許書の書き換えを行うJPJは2ヶ所あります。

参考:

外国運転免許証のマレーシア国内免許証への切替え再開について(2020年12月28日) | 在マレーシア日本国大使館

Jabatan Pengangkutan Jalan, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
03-4145 0800
Google Maps

JPJ Negeri Selangor
03-5566 9555
Google Maps

知人から、JPJ Negeri Selangorのは日系企業の工場が周りにあり外国人に慣れていて対応がいい、と聞きました。そこで、私の家からは少し遠いですがShah AlamにあるJPJまで行ってきました。

JPJの様子

平日朝に行きました。建物の外の椅子で10分ほど待つと、呼ばれて2階のカウンターまで案内されました。整理券を配られて番号が呼ばれるまで10分ほど待ち、カウンターで書類を提出。このあと書類のチェックに1時間強待つことになりました。

そして1枚のレターのようなものを渡され、オンラインで承認状況が確認できると案内がありました。

こちらから最新状況が確認できます。

www.jpj.gov.my

承認されたことをオンラインで確認次第、承認レターをプリントして写真と費用を持って来てください、と言われて1回目の訪問は終わりました。

受け取り時に必要なもの

写真の提出や支払いは受け取り時に行います。

  • 証明写真(25mm x 32mm、白色バックグラウンドのもの)
  • 手数料 RM140(2年分)
  • 承認レター

この記事執筆時点ではまだ申請承認を待っているところなので、アップデートがあり次第追加します。

まとめと感想

免許取得には想像以上に時間と手間がかかる。

大使館に2度行き、JPJにも2度行くことになります。簡単には取得できないようになっているのだと感じました。ただ、免許の更新は最寄りのJPJの支店で割と簡単にできるそうなので、最初だけの我慢です。

マレーシアのお役所対応はかなりスロー

前々から分かっていましたが、改めて実感しました。まず窓口で書類を渡して何も言われず30分経ったので、受け付けた人に聞くと、まだだから座ってて、との一言。こういう状態だと日本ではキレる人も出てくるでしょう。承認を確認するレターをもらうまでも1時間以上待ちました。

JPJではカード払いが可能

免許証を受け取っている多くの人が、クレジットカードやデビットカードで決済をしていました。日本大使館とは違い、オンライン化ができているのはいいなと思いました。

ただ、申請の承認確認をオンラインにするなら、提出も郵送とかメールでできたら嬉しいと個人的に思いました。(ビザの書類提出はオンラインで完結でした。)

期間はビザの条件など人による?

ネットで他の日本人の方書いたブログを参考に書類を準備していると、期間を1年、3年など選ぶようになっているとのことでした。私の場合はビザの期間に合わせて自動的に2年と言われました。

参考にしたサイト

How to convert your foreign driving license to a Malaysia one

【2021年度最新版】マレーシアで自動車運転免許を取得!切替や更新手続きを解説 | ソトシゴト 海外コールセンター就職ナビ

マレーシアで免許書き換えをするみなさんの手続きがスムーズに進みますように。

© Copyright 2017 ©Minisaki All right reserved.

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ