みにさき★海外✖️Web✖️英語

ノースキルからWebのことを学びつつ海外生活を楽しむみにさきのブログです。

  • 英語 口コミ返信
  • 英語コーチング
  • 一人暮らし女子の断捨離
  • 海外就職

働く女性が「休んだら?」「緩んだ方がいい」と言われてもできない理由

f:id:trability:20200202164122j:plain

会社で仕事をしながら発信活動をしている。働きながら主婦orシンママ。副業フリーランスしながら勉強している。男性も活躍する業界で同等の立場で仕事をしている。

家事は時間をかけず時短でやりたい。料理や食は特別まずくなければこだわりはない。潔癖症ではない。お掃除ロボットとか部屋が広かったら欲しい。

そんな女性はこの記事に共感するかもしれません。

お母さんが家事をして常に働いている家庭

私の家では専業主婦の母と公務員の父で、母が全部家事をして父は全く家事をしない。そんな典型的昭和な家でした。

母はパートをしていたものの午前のみで、仕事をフルタイムでしているかといえばそうでもなかったです。

なので、働いていない時間は全て家で家事をしている。そんな家庭でした。

思えばそれは祖母の時代から続いていて、一時期祖母と住んでいた時も、高齢なのにすごく家事に貢献してくれていました。そして、母はそれがすごく助かると褒めていました。女性なら家でぼーっとせずあくせく働くことに価値があると言われているようでした。

家にいる→何かをしてないと罪悪感

f:id:trability:20200406001845j:plain

母には、学生時代のテスト勉強中に部屋が汚くなることを怒られ、家で料理や家事を手伝わないことにも文句を言われました。

女は勉強や仕事をしても、家のことを完璧にできた上でが前提。家事はどんな時も怠ってはいけない。そんなことを言われているようでした。なので、家にいてもリラックスできる感覚がありませんでした。

ちなみに家事を手伝おうとしても、母がやり方にこだわりがあって、その仕方でしないと怒ってくるので、あまり気が進みませんでした。

勉強をしていて部屋が汚くても怒られる。だからと言って手伝ってもいい気がしない。こんな私は料理とか家事に喜びを感じられないまま大人になりました。

まだまだ日本は女性が家事や育児をする社会構造

日本では、カップル間では家事は分担したらいい、と思っていても、まだまだ社会の制度が女性が負担になる構造だなと思う時があります。

例えばオムツ交換をする台が、女性トイレにしかなかったり、私が転職して入った大手企業でも、過去に正社員で採用して産休ですぐ辞めた経緯があることを理由に、女性入社時は理由なく契約社員でスタートという決まりだったり。

さらに最近マレーシアに来てから聞いた話で気付いたのですが、日本は産休が無給であることもそうです。これでは出産するなら一旦離職するという考え方に近いのではないでしょうか。

マレーシアでは産休は法律で有給となっていますし、出産してからも子供を預けて割とすぐ職場に復帰するという人も多いそうです。

休みたいけど休まないが癖になってしまっている

f:id:trability:20200326185938j:plain

私はパートナーがいないので必要ない悩みかもしれませんが、日本で働きながら子供を育てる女性は本当に尊敬する私です。自分の面倒をみるのでいっぱいいっぱいです笑

ただ、子供がいる、結婚しているにかかわらず、私と同じような環境で育った女性は、家にいてもなんとなく休めなかったり、休むことに罪悪感を感じてしまうシーンもあると思います。

これなら、周りから「休んだら?」「緩んだら?」などと言われてもできないのも理解できますよね。

こんな悩みはもしかしたら海外移住で解決に近づくかもしれません。

家事はアウトソーシングする世界もある

マレーシアに来てから衝撃的なことは、外食やデリバリー、家の掃除まで家事をアウトソーシングできる環境が日本と比べて手軽なことです。

マレーシアに来てから引っ越しを経験した私ですが、前の家の退去前にクリーナーを呼んで掃除をしてもらいました。

また、ロックダウン中にはスーパーの買い物代行サービスを利用して、アプリから商品を選んで代わりに買い物に行ってもらいました。

日常的にフードデリバリーもよく使います。

これらは日本だとお金もかかるしハードルが高いことですが、現地採用でそんなに高給とりでもない私でもできるごく普通のことです。(もちろん、マレーシアに住んでいても料理が好きで得意で、デリバリーなどはあまりせずそれを楽しんでいる方もいます。やろうと思えばできる、ということです。)

ちなみにマレーシア人で子供がいる女性も、夜は外食をお持ち帰りしたり、子供を預けてだんなさんと外食や旅行に行くこともあるそうです。

家での時間を発信・副業などに集中できる海外移住という道も

f:id:trability:20211120194604j:image

私は今のところ結婚も出産も予定はないので、家にいる時間をSNSの発信、副業など効率よく自分の活動に使えている実感があります。

最低限、野菜不足にならないようにフルーツやサラダだけ自分で用意して、あとは外食します。

外食ばかりだと健康的じゃないし高くつくイメージがありますが、自分なりにコツをつかみました。3食安いものを食べるより、少し値段ははっても2食にするようになりました。野菜などバランス良く食べようと思うと。残りはフルーツとかヘルシーにいきます。

育った家庭的にあまり結婚や出産に憧れがないまま育った私ですが、この環境でも休んでない感があるので、現地の人を見習って少しのんびりしてみようと思います。

 

長くなりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました。

© Copyright 2017 ©Minisaki All right reserved.

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ