海外好き崖っぷちミドサーMinisakiの実録ライフ

海外好きの色々な意味で崖っぷちミドサー独身Misakiのブログです。ライフハック、英語学習、リゾートバイト生活をテーマに配信中です。

リゾバ求人票の「これは嘘かも?」30代がリゾバの応募時に注意すること

こんにちは、Minisaki@minisaki です。

 

f:id:trability:20191115115724j:plain

 

実際に現場に行くと求人票と書かれてること違うし!

 

と思うことって、リゾートバイト (リゾバ)ではあるあるです。

文字だけでの情報だと、イメージに個人差がありますよね。

一方的に派遣会社のせいにすることもできますが、

 

求人票に書かれていることを100%期待しすぎず

 

「これって実際どうなんだろう?」としておくと、違った時ガッカリしないです。

 

30代で初めて7月からリゾバをして3ヶ月半経ちました。

 今月2件目のホテルで仕事が始まり、色々な求人票から仕事を選んできた中で

 

この記事では、30代リゾバワーカーの私が感じた、「求人票と実際の差」をハード面からソフト面までリストアップしていきます。

 

参考記事:リゾートバイト を始めたきかっけ

www.minisaki.com

 

 

1.稼げる!

f:id:trability:20191115114516j:plain

稼ぐためにリゾバする人は多いと思います。

 

30代でリゾバはある意味ラストチャンス。貴重な時間を使うのだからちゃんと稼ぎたい。

 

2ヶ月で●十万 とか広告している派遣会社もあるよね。

 

実際入ってみて稼げなかった!とガッカリしないために

私は2つ考えるポイントがあると思っています。

 

まず

 

どれだけ稼ぎたいのか決めておく

家賃と食費が会社負担なら出費がないので稼げるというのか

月15万円手取りで欲しいのか20万なのか

休みが月に4日しかなくても稼げる優先なのか

それとも休みはきっちり取りながら稼げるだけ稼げればいいのか

 

なるほど、人によってどれだけで稼げるかっていう基準は違うもんね。

 

30代で月4日休みは私の場合は体力的にきついから、月に休みたい日にちを就業先に伝えてます。

 

↓こちらが私が就業している派遣会社 グッドマンサービスです。業界内でも好時給で稼げると評判です^^

生活費のかからない住み込みバイト?業界No.1の高時給 リゾートバイト.com 

 

稼ぐ定義を決めたら計算しましょう。

 

実際に計算

時給は求人票に出ているので、例えば手取り20万円のためには額面はどれだけ欲しいのか。それを時給で割ると何時間働くのか。など計算で出ます。

 

当たり前ですが、期待外れにならないためには地道に計算が一番!

 

例えば時給が1100円で1日8時間労働 月23日勤務なら額面が202,400円 

そこから保険など色々引かれることになります。

 

どうしても手取り20万欲しいなら、もっと時給が高いところを狙うか、残業が多いところを狙う、とか。

 

仮に手取りで25万稼げますという広告が気になるなら、そこは時給が高いのか、休みが少ないのかとか、稼げる理由があるはずだね。

 

短期で稼ぎたい人は応募時に担当に、出勤日数と残業時間を聞いて計算してみよう。

 

 

バイトの給料計算って面倒だしいくら引かれるの?面倒くさがりな方はこの記事で紹介しているシフトボードを使うと便利ですよ。

www.minisaki.com

 

2.休日の日も食事が出る

f:id:trability:20191115114533j:plain

リゾバをしていると、食事がついている求人も多いです。

休日も場所によっては食事が有料または無料で支給されることもあります。

ただ、これにはよっぽどの好条件でない限り期待しない方がいいです。

 

案件を見て休日も出費がないかも!と期待していました。

 

ただ、

  • 毎日出勤時に食べる食事を休日も食べたいか

と、

  • 物理的に食事が提供できる

というのは別問題です;

 

私のリゾバ1件目は業者が持ってくる弁当(休日は有料)だったので、飽きてしまって休みの日はほとんど使わなくなりました。

 

今の2件目は寮が職場と離れているから、休みの日まで職場に行って挨拶して気を遣って...なら自分でコンビニとかで買おう!と思って使ってないよ笑

 

寮が館内か隣接していて、休みの日も少しだけ移動すればいい環境で、かつ料理が美味しいなら休みの日も食べてもいいかも。

 

休みの日は気分転換もかねて自分で好きなものを出費してでも食べるのが私的にはオススメです。

 

参考記事:リゾバの休みの日の過ごし方

www.minisaki.com

 

スポンサードリンク

 

 

3.温泉に入れます

f:id:trability:20191115114602j:plain

リゾバは文字通りリゾートなので温泉が併設している施設も多いです。

 

従業員でも館内の温泉を利用できるってお風呂好きには嬉しい(*^^*)

 

30代は仕事の疲れをしっかり癒すことも大切。温泉は入りたい!

 

ホテルによっては、浴衣や作務衣を着れば入ってもいいというところもあります。

 

なるほど、そうすでば他のお客さんと見た目分からないもんね。

 

ただ、これも

  • 実質できるのは館内寮に住んでいる人のみ
    とか。館内の寮の人でも
  • 利用時間が決まっている
    場合もあります。

 

夕方に仕事終わっても、利用時間が22時以降だったら、温泉入るよりも寝たい願望が強いとかね。

 

今の私は寮がホテルから離れています。

別に終業後にお風呂に入れないこともないのですが、入っていると終業後の送迎がなくなってしまいます。

なので募集広告に「温泉に入れます」とありますけど、実際のところは車で送ってもらうか、館内寮の人に泊めてもらわないと厳しいです。

 

逆に、1件目のリゾバ先では温泉には入れない、との派遣会社の人の話だったけど。

実際行ってみるとみんな入っていました。

 

温泉利用は行ってみないと分からない事情があるんだね。

 

参考記事:リゾバに来て変わったお風呂の入り方

www.minisaki.com

 

4.スーパーまで徒歩●●分

f:id:trability:20191115114642j:plain

30代になると食もこだわりがあったりなかったり。自分のスタイルがあると思います。

スーパーがあると、生活に便利なので特に自炊派の人はチェックするポイントと言えます。

 

ただ、田舎の方では都会では想像できないほと早く閉まるスーパーもあります。

 

1件目リゾバは18時に閉まるスーパーまで徒歩30分でした。 休みの日しか行けなかった;

 

大切なのは徒歩での距離だけじゃなくて営業時間なのか!

 

他にも、こんなエピソードも。

 

道の駅が徒歩5分だから野菜とか売ってると思って期待してきたけど、実際はお土産しか売ってない道の駅だった、とかね。

 

ちなみに今リゾバ2件目の私は、コンビニなら徒歩圏内ですがスーパーはバスで行かないとありません。

 

幸い仕事の日は従業員食堂の食事は美味しいので、仕事の日はガッツリ使わせてもらって、休みの日の自炊を手放してコンビニでできるコスパ生活を模索中です(^_-)

 

参考記事:リゾバ生活で使ったお金3ヶ月レポート

www.minisaki.com

 

リゾバ生活に便利なネットショッピングについて

www.minisaki.com

 

 

 

5.電子レンジ・家具家電揃ってます

f:id:trability:20191115114708j:plain

ここまで読んでくれた方は想像がつくと思いますが、 家具や家電も実際に行ってみないと分からないところがあります。

 

特に、寮が館内と館外の両方ある施設では状況が異なることも

 

今のリゾバ2件目では、最初は館内寮を使う予定でした。

ただ、エアコンが壊れてしまい、館外の寮に入ることになりました。

 

館内寮:部屋のみ 大浴場利用可 電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機・トイレは共同

館外寮:2DKの部屋 キッチン・トイレ・バス・冷蔵庫・洗濯機あり 電子レンジなし

 

こんな風に条件が変わりました。

 

館内の寮と館外の寮では、それぞれメリットとデメリットがあるから、どうしても譲れない条件がある場合は派遣会社の担当さんに伝えておくといいね。

 

私は今、電子レンジもコンロもない部屋で、電気ケトルだけでサバイバルできるか笑 実験中です。

 

参考記事:1件目リゾバに来てすぐ書いた持ち物についての記事です。

www.minisaki.com

 

6.教育体制整ってます

f:id:trability:20191115115644j:plain

リゾバをする目的は人によると思います。

ゆるりと働いてお金を貯められばいいという人もいますが、私はリゾバとはいえ、仕事をするので仕事で評価されたり貢献できることも大切と考えています。

共感できる人は続きを読んでくださいね。

 

30代となると、20代より経験したことはあるし特に大事なのかも。

 

私の場合求人票に「教育体制が整っています」と書かれていた1件目のリゾバよりも、今の2件目の方が実は色々任されてもらっています。

 

会社のカラーによって、派遣にはここまで、と決めている職場もありますし、逆に派遣スタッフが多くて社員に負けず劣らず活躍しているところもあります。

 

毎日せっかく仕事をするなら、成長できて色々責任はあるけど任せてもらえる方が私はいいな。

 

参考記事:1件目リゾバでの人数と年代構成について書きました 

www.minisaki.com

 

 

7.まとめ

 

2件のリゾバを選んで就業して、求人票と実際でギャップがあったことをまとめました。

 

・稼げる →実際に時給と働く月間日数と残業時間を調べて計算しよう

・休日も食事支給 →実際に休日どこで食事を食べたいか行ってみないと分からない

・温泉に入れる →利用時間や決まりがあって難しい場合もある

・スーパーまでの距離 →距離だけでなく営業時間や売っているものも確認しよう

・家具家電 →入る寮の状況によっては変わることもある

・教育体制・仕事の範囲 →派遣先によって様々なので派遣会社に確認しよう

 

30代は生活の質も大切。せっかく働くなら有意義な時間にしたいですよね。

この記事があなたのリゾバ選びに参考になれば嬉しいです。

 

↓こちらが私が就業している派遣会社 グッドマンサービスです。業界内でも好時給で稼げると評判です^^

生活費のかからない住み込みバイト?業界No.1の高時給 リゾートバイト.com 

© Copyright 2017 ©Minisaki All right reserved.

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ